ブログトップ

natural garden purprea*

purprea.exblog.jp

思い出

chi-yanと私の関係。
自宅ショップの頃から、お店でよく聞かれます。

だから、chi-yanも私もみんなが知ってるような気になってるけど
実は知らない人も多くて逆にビックリ。

ドーム後に、papaのおじいちゃんが亡くなりました。
papaのおじいちゃんはchi-yanのおじいちゃんです。

chi-yanは、私の高校の頃の友達です。
私はchi-yanのいとこであるpapaと結婚したので、chi-yanとは友達から親戚になりました。

友達が先だから、親戚ってなんだか変な感じ(笑)
でも楽しい関係です。

papaのおじいちゃん。
温厚でやさしいおじいちゃんでした。
私がまだ10代の頃からyumiちゃん。yumiちゃんと可愛がってくれていました。
私はpapaと一緒に、おじいちゃんの仕事の手伝いをしたり
おじいちゃんの家に泊まりに行っていました。

その頃、私たちは、chi-yanのお兄ちゃんと仲良くて
お兄ちゃんの彼女(今の奥さん)yukiちゃんと私の名前が似ているので
一緒に泊まりに行くと、おじいちゃんはよく名前を呼び間違えていました。

おばあちゃんの作るカレーは野菜がゴロゴロ入っていて
野菜嫌いのpapaは嫌がっていました(笑)
私も人参の大きいのは苦手で・・・でも、その人参は
金時人参だったのでおいしく食べれたのを覚えています。

成人式の日も、papaと一緒におじいちゃんの家に行って振袖姿を見てもらいました。
いつでもやさしい笑顔のおじいちゃんでした。

おじいちゃんとおばあちゃんのやりとりがおもしろくて
yukiちゃんと一緒によく笑っていました。
素敵な夫婦だなぁ~こんなふうになりたいなぁ~なんてyukiちゃんと話していました。

おじいちゃんの危篤の知らせではじめて病院にかけつけたのは
まだchi-yanの子供も、私の子供も保育園の頃でした。
今は6年生と5年生、3年生の子供たちです。

みんなが泣き崩れている中、papaと私だけは
あ~おじいちゃん、絶対に大丈夫だ! と自信を持って泣きもせずお見舞いをして帰りました。
だって、亡くなる前の人って、あんなんじゃない。
おじいちゃん。手を握ってくれたし。絶対に大丈夫。
なぜか強くそう思ったのを覚えています。

後から知ったのですが、もう葬儀の準備もしていたようです。
でも、元気になって退院しました。

それから、子供たちが小学校に入学して、今はもう最高学年。

その間に、大きな野菜がゴロゴロ入ったカレーを作ってくれるおばあちゃんは亡くなり
子供たちが大きくなるにつれて、日々忙しく
なかなかおじいちゃんに会うこともなくなりました。

数ヶ月前、おじいちゃんが入院したと知らされて
子供たちを連れてお見舞いに行きました。

ずいぶんと歳をとっていました。
おじいちゃんはずっと眠っていたので、そっと帰りました。

その後、病状は快復して退院したと聞いたので安心したのですが
先日、亡くなってしまいました。

おじいちゃんは穏やかな顔をして眠っていました。
おばあちゃんに会えましたか?
また2人で楽しく過ごして下さい。

私は、おじいちゃんのおかげでpapaと出会い子供たちに恵まれ
chi-yanとも楽しく過ごせて、とてもとても幸せです。

泣かないだろうなぁ~とpapaと話していたけど
お葬式で少しだけ涙がこぼれていました。
おじいちゃんありがとう。

by purprea | 2008-12-01 15:00 | 日々のこと
<< ニットカーディガン 岡山ドームイベント >>