人気ブログランキング |
ブログトップ

natural garden purprea*

purprea.exblog.jp

その2

本日2つめの投稿です。
1つめは9/22のブログの最後にチラッと書いた内容です。

さて、2つめも1つめに引き続きどうでもいいような話です。

昨日、hayatoもmiyuも試合でした。
朝からhayatoのソフトの試合を2試合見て
miyuのバスケの試合会場へ移動。 miyuの試合3試合見て
hayatoの試合へ戻り2試合見ました。

papaとminatoと私、3人で試合会場をハシゴです(笑)
移動途中お店から呼び出しがあってお店にも寄りました~チームTシャツで(汗)

papaはmiyuの試合を見に行くのは初めてだったんですが
昨日はボロボロでした。

3校しか来てなかったので試合がずっと続けて行われていて
miyuのチームは6人しかいないので私たちが行った頃にはもうバテバテで動きが鈍くて
他のチームは20人くらいいるのでフルメンバー交代するんですよ。
元気いっぱいなんですよ。かわいそうなくらいにやられっぱなしでした。。。

papaは動きが鈍くて弱いチームだと思ったみたいで
私が、いつもは皆もっと動けてるしこんなんじゃないんよぉ~~と言っても
miyuのあの動きはいけんわ。っていうんですよ。

普段、何事にも無関心で自分が子供の頃にやっていた野球をしているhayatoのことだって
ほとんど口出ししたりしないのに・・・

いいんよ~miyuは女の子だし、そんなにバスケバスケってするつもりもないし
あれで本人頑張って楽しんでるからいいんよ~って私が言うと
帰ったら特訓じゃなって言うんですよ。

いや~私としてはhayatoとminatoのほうに力を入れてほしいのですが・・・

で、夕方試合から帰ってmiyuの特訓が始まりました。
私はipod片手に見学を♪って思って外へ出ると
『miyuのディフェンスにつけ』 ってpapaから言われて。
いやぁ、私は経験ないんで特訓には付き合えませんけど・・・???
あれ??papaは小学校1年生からずっとヤングリーグで野球少年でしたよね??

まぁ、できるだけのことはやってみましょうかね?
そしたらね。miyuとpapaが2人で笑うんですよ。
一生懸命付き合っている私を見て笑うんですよね。 失礼ですよね。

それでも頑張っていたらね、突き指したんですよ。私。
痛いですね。 その後も練習に付き合ったら今朝は筋肉痛ですよ。私。
『ド素人が』って2人に連発されて笑われるし。
全く散々です。

いや待て。
miyuちゃんは一応バスケ部なので『ド素人』ではない。
でも、papaは私と同じ『ド素人』ではないのか?

『あんたもド素人じゃろ?』という私に
『おめーと一緒にするな。わしは中学でバスケ部だった』

あら、初耳です。 それはすみませんでした。
野球しかしてないと思っていました。

そっか~ヤングリーグは部活じゃないからバスケ部に入れるんだね(笑)
あぁ・・・それで私だけド素人扱いな訳ね。ふぅ~~ん。。あっそ。

笑われたあげくに突き指して、思いのほか痛みがあって不自由で
筋肉痛で体がだるくて、しなきゃいけない仕事があるのに
ブログ書いて。 仕事から逃げて。
2つも。 長々と書いて。
もうひとつ書いてやろうかと思ったり思わなかったり。

仕事から逃げたいのを人のせいにしようと思ったような?
やっぱり、突き指で不自由でも筋肉痛でも仕事は逃げれないなと思ったり。
まぁ、なんともまとまりのない話しなんです。

ホントはもうひとつどうでもいいような話が思い浮かんだんですが
ホントにどうでもいいかも(笑)と思ったのでやめときます。

あっそうそう。 papaも腰パン先生2人をはじめて見ました。
『若っけぇ~なぁ~~ホント先生には見えんな』 って言ってました。
chi-yanの旦那も以前、はじめて見た時に何度も同じこと言ってましたね。。。

私も練習風景を初めて見た時
男子と合同練習をしているのだと思いました。
友達のお母さんも『男子もおるんじゃなぁ~一緒に練習するんじゃな』って言ってました。
近づいてみたら先生でした(笑)
そんな腰パン先生の1人(22さい)が今月いっぱいでサヨナラです。
臨時で来られていた先生なので仕方ないようです。
戻ってこられる先生はバドミントンの先生らしくバスケではないようです。
それはさみしいですね。 残念です。

なんの話しでしたかね?
私は今日、突き指で作業仕事が不自由なんです。
お店に出ている時もラッピングが不自由なんです。
お客様の前で笑顔で我慢です。
突き指を笑ったpapaとmiyuにムカついた話ですかね。



by purprea | 2010-09-27 16:00 | 日々のこと
<< みんなありがと♪ どうでもいい話を >>