人気ブログランキング |
ブログトップ

natural garden purprea*

purprea.exblog.jp

お世話になりました。

土曜日。
先日のブログに書きましたがmiyuのバスケのカップ戦に行ってきました。

A会場・B会場に分かれて
男バス10チーム・女バス10チームの計20チームのカップ戦でした。

初日の予選では4チームと試合します。
そして、翌日は上位2チームが各会場から決勝リーグへ進めます。
負けたチームは交流戦です。

前日の金曜日。
女バスの監督(このブログ読者さんはご存知の若い腰パン先生です)の他校への転任が決まり
先生と一緒にできる最後の公式試合となりました。
金曜日は子供達も先生もショックで泣いたようです。。

きっと、子供達は先生に優勝をプレゼントしたいと
心の中で想っていたと思います。

私が会場へ到着したとき、ちょうど先生と会いました。
先生の想いをたくさん語ってくれました。
私も先生が異動になったことはショックでとても残念で
先生のためにも子供達のためにも、なんとしても最後に優勝してサヨナラをしたいなと思いました。

そして試合開始です。
1試合目、ギリギリ負けてしまいました。
キャプテンが泣いています。
泣いて動けなくなっています。

その姿を見るのが辛くて。。
キャプテンの強い思い。責任の重さを考えると
胸が苦しくなります。
キャプテン含め部員6人の子供達もみんな辛そうで言葉を発しません。
保護者もかける言葉もなく重い空気が流れます。

そして2試合目

子供の気持ちや持ってる力ってすごいなと思いました。
気持ちを切り替えていました。

何が何でも勝つ。そんな強い気持ちが見てとれる
いつでも全力。 気持ちで負けない。
先生の教えをプレーで見せてもらえました。

その後の試合も強い気持ちを保ったまま全て勝ち進み
3勝1敗
2位通過で日曜日の決勝リーグへ進むことができました。

***

さて、日曜日。
前のブログで書いたようにhayatoも決勝リーグです。
miyuも決勝リーグです。
試合会場は35㌔も離れています。ハシゴするにも1時間はかかります。

私は、泣く泣くmiyuを お友達のお母さんにお願いして
hayatoの試合会場へ向かいました。

この日は、打って守れる頼りの子が体調不良で
ギリギリまで様子見をしましたが出場できる状態まで回復できなくて
守備も打順も全て代わってしまい・・・
チームはまとまらず負けてしまいました。

エラーも多くボロボロの試合をしたのですが
良いプレーもありました。

監督は良いプレーを褒めて子供達をまとめます。
すごいな~と思いました。

トーナメントなので負けたら終わりです。
練習試合があるみたいでしたがpapaをソフトへ残し
私はminatoを連れてmiyuのバスケ決勝リーグ会場へ向かいました。

向かっている途中で1試合目勝ったよ! の知らせが届きました。
2試合目が始まる前に無事に会場へ到着できました。

私が到着すると保護者さんたちが拍手で迎えてくれました。
『miyuちゃん活躍したよ~スタメンで出て最初の得点きめて
 スリーも2つきめてくれたんよ~』

私はもうそれだけで満足です。

miyuは、ほぼ未経験者で入部して
背も部員の中では一番小さく、他の子に比べて体格もよくなくて
途中、辞めたいと言い出し部活を長い間休み
復活したと同時に病院通いのため部活をほぼ休み
週1である夜練にも参加しなくなり
当たり前ですが、他の部員に比べて上達しなくなり
当たり前ですが、大事な決勝リーグにスタメンで出れるとは思っていませんでした。

その後の試合も全て勝ちました。
昨日に増して、子供達は絶対に負けないという気持ちがこちらまで
伝わってくる試合を繰り広げました。
素晴らしかった。

いよいよ決勝戦をむかえました。
決勝戦は昨日、予選の初戦でウチのチームが負けたチームでした。
リベンジです。

もう、心臓がどうにかなりそうな決勝戦。
どちらのチームのシュートがきまってもおもわず悲鳴が上がってしまう。
そんな接戦でした。
ずっとリードはしてるんだけど相手チームも追いついてきて、そしてまた離して
また追いついてくる。。点差が開かないままで手に汗握るヒヤヒヤ状態。胸が苦しい。

最後は少しだけ点差をつけて勝ちました!
優勝です! 今日は全勝です!

キャプテンが泣きだします。
優勝できた嬉しさか、責任を果たせてホッとしたのか
保護者も目頭が熱くなり、涙が。。

本当によかったね。
子供達も先生も本当におめでとう。

最後に集まって保護者が先生にサヨナラの挨拶をしました。
miyuとmちゃんが泣いていました。

miyuは号泣してしまい。
先生に
『おっまえ、どんだけ泣いてんねん。明日も会えるんやから。なっ。』と言われてました。
miyuちゃん もっと号泣してしまいました。

そんな先生の目にも涙が。

月曜日は先生との最後の部活でした。
子供達は自分達と先生とお揃いのリストバンドをプレゼントしました。
子供達は先生とお揃いのリストバンドを朝からつけて長袖で隠していたようで
練習の途中で暑くなり長袖を脱いで半袖になった時、いきなり渡したみたいで
『えっ!(笑) このタイミング!?(笑)』 と、先生に笑われたみたいです(笑)

最後のミーティングの時間には個々に手紙も渡しました。

そして、優勝したので記念にバスケットボールを頂けたみたいで
それにメッセージを書いて先生にプレゼントしたみたいです。

練習前、部員の家に集まりみんなでメッセージを書いたみたいです。
優勝の記念に頂いたバスケットボール
○○○○カップと刻まれたバスケットボール

その下に『 先生 大好き 』と大きく書き
それぞれに寄せ書きを書きました。
それを見た先生は泣きだしたようです。

嬉しかったでしょうね。 最後までみてやれなくて悔しかったでしょうね。

子供達はすでに号泣していて声を出して泣いている部員もいて
先生も子供達も大号泣。

先生は、戻りたくなるから、もうこの中学校へはしばらく来ないと言ったそうです。

帰りは部員誰一人しゃべらず、無言で帰宅したようです。

帰宅したmiyuはボーっとしていて
『試合終わって、先生おらんくなって、なんか気が抜けた』 と言いました。

いろんなコトを乗り越えていってほしいです。


土曜日に先生と2人で話をした時に

金曜日の修了式で、先生の転任が発表されたとき
キャプテンや部員の子達が泣いていて、先生も泣きそうになった
ヤバイと思って子供達を見ないようにしたけど
声を上げて泣き出すから見んでも聞こえてきて我慢したけどムリやった。。って言ってました。

まだまだこの子達の成長を見たかった。自分が指導したかった。転任は辛い。
ショックで校長先生の言葉が耳に入らなくてヤバかった。
最後まで見れなくてすみませんでした。と言われてました。

先生は若くて、先生らしくない。チャラチャラしてる。などなど
問題になったこともあり、保護者の評判はあまり良くなかったのかもしれません。

でも、私は最初から最後まで良い先生だったと思っています。

問題になった時、話し合いの場で他の保護者が不満や文句を言っている間
先生に不満のない私はずっと黙っていたので、最後に意見を求められ
他の保護者全員を敵に回すような真反対の意見を述べました。
先生を良い先生だと言った保護者は私1人でした。

先生を良い先生、悪い先生と判断するのは保護者じゃないと思います。
子供達です。

子供達は先生を慕っています。信頼しています。
ウチの子は先生のコトが好きだと言いました。
批判している保護者の子供達も先生のコトは好きだと言っている。
それが何でかわからないと保護者たちは不満を言っています。
わからないんなら、わからなくていいんじゃないですか?と思いました。

そもそも、私は先生のコトでの話し合いの場の意味がわかりません。

(人の好き嫌い、合う合わないはあって当然なので、そこを否定している訳ではありません。
 ただ、保護者は受身でいるべきじゃないかと私は思ったので。。。

 今の時代は保護者が前へ出るものなんですかね?
 よっぽどのコトがない限り、前へ前へ出ず、学校に任せるべきだと思うんです。

 勉強だけが学校ではないと思います。
 厳しい先生。やさしい先生。おもしろい先生。苦手な先生。
 同じ先生でも、その先生を好きな生徒もいれば、その先生が苦手な生徒もいます。

 いろんな先生と接することも、これから大人になり
 社会へ出ていく子供たちにとって、とても大事な経験です。

 むしろ、そっちのほうが重要なことだと思うんです。
 大人になったら甘い考えだけでは通用しない事にもぶつかると思うんです。
 
 友達関係、部活動、先生との関係。山あり谷あり経験を積んで
 そして勉強して遊んで、大人に成長していってほしい。

 いつまでも親がついていてあげれないんだから
 親は前へ出ず、受身であるべきだと思うのです。)



他の先生が注意しても聞かない生徒が
先生の言うことは聞くようになりました。

学校でお菓子を食べ、飴をなめながら歩く、雑誌を広げて読んでいる
制服はみだれている。
2年前、そんな部員がたくさんいたバスケ部に先生がきてから
そんな子供達は1人もいなくなったと聞きました。

指導力はあると思います。
・・・自分、腰パンなのに・・よく更生させれたな(笑)と思いますが(笑)

若いからならではのチャラチャラ感はありますが、腰パンだし・・・
そこが生徒に受けるのも事実です。

若いことを問題にするのは間違っている。
どんなベテランの教師にだって若いころはあったはずです。

どんなに立派な先生だって完璧ではないと思います。
先生だって人ですから、短所と長所はあるんです。

あれだけ保護者からの苦情があったら転任するだろうという噂を聞きました。

若い先生の芽を保護者が潰す権利はない。
先生の転任は残念でなりません。
(先生の転任が保護者のせいでなければいいなと思います。)

先生に対しての不満を言いまくるような話し合いの集まりの後
終わった後もまだ先生は個人的に保護者から文句を言われていました。
一生懸命やっていることを文句言われてました。
一生懸命やらないで下さいって・・・なんじゃそれ・・・
先生って大変なお仕事ですね。


(すっごく仲良しの母友達だって、みんな意見が同じではありません。
 人それぞれ考え方は違うのは当然だから(笑)そんなことでケンカはしません。
 一応、大人ですから・・それはそれ、これはこれ、です。仲良しです。
 
 私も他の保護者の意見を聞いて、とても勉強になったし
 他の保護者も私の意見を聞いて納得してくれたりしました。

 でも、あの場であの雰囲気の中であの意見が言えるのはすげーと言われました・・・
 いや、私もそんなに強い人間ではないので正直めちゃめちゃこわかったですよ。
 ビビって声が震えそうでしたよ。。でも、みんなに流されたくなかった。

 先生の悪いところをみんなで寄ってたかって先生に言う意味がわからなかった。
 先生の良いところを少しでも伝えたかった。

 こんな後味の悪い集まりは二度とゴメンだと思った。)




『あの保護者達の中で、僕をかばうような発言がよくできましたね。ビックリしました。
 でも、正直救われました。Sさん(←私)が意見するまでは、
 一生懸命やっていることを、なんでここまで言われないといけないのか?
 教師に向いてないのかな?もう教師辞めようかと思っていました。
 でも、頑張ります。ありがとうございました。
 あんな意見をして、保護者達との関係は大丈夫ですか?』

『私は大丈夫ですよ。 先生、自分の心配しないと(笑)
 これからも先生のやり方で頑張って下さいね。
 今日は私以外の保護者は全員違う意見だったけど
 そんな保護者ばっかりではないと思いますよ。
 私と同じ意見の保護者もいっぱいいますよ。』

『ホントですか?頑張ります。
 若い。若いって言われても・・・そこはどうしようもないですよね・・』

『ホントですね(笑)』

先生、次の学校でも頑張って下さい。
miyu以外にも先生のコトが大好きな子供達をたくさん知っています。
先生のコトが嫌いな子供達も少しだけ知っています(笑)


1年間でしたが本当にお世話になりました。
中学校へ入学してから1年間、miyuには先生の指導の影響力は本当に大きかった。
厳しい時は厳しい。ゆるいときはゆるい。onとoffの加減が良かったです。
心から感謝しています。

学校が楽しいと言って子供が学校へ通う。
親としては本当に幸せなことなのです。

普通のことのようですが、普通の暮らしがどんなに幸せな事か。
まわりの人達に感謝して日々暮らしていきたいですね。




長文になりました。
最後まで読んで下さった皆さまありがとうございます。

今日のブログは私の思いを書いただけです。すみません。




* メールの調子が悪いのでメールのリンクをしていません。
  メッセージなどはコメント欄にお願いします。
  コメント欄は非公開にしていますので表示されません。

  公開・非公開チェックに関わらず非公開にしています。
  ご安心下さいませ♪
  






by purprea | 2011-03-28 23:00 | 日々のこと
<< イベントのお知らせ。 ありがとうございました。 >>