ブログトップ

natural garden purprea*

purprea.exblog.jp

なにが起こるかわからない。


試合結果の報告です。
記録として書いているので長文です。興味のある方だけどうぞ(笑)

hayato達の甲子園。

市子連 中央大会

この大会は岡山の各ブロックから選抜されたチームが集まる
彼らの夏の甲子園大会です。

どこのブロックも20前後?くらいのチームから上位3~4チームが決まります。たぶん(汗)

hayatoのチームブロックからは上位3チームです。

うちのチームは、過去何年も出場しています。
昨年も、一昨年も、その前も・・・・・・

ただ・・・今年は・・・・・どうだろうか?とずっとずっと心配でした。

選手は9人ですよね。
その9人中、6年生は5人までとルールで決まっています。
残りの4人は、普通なら、5年生・4年生の選手がレギュラーになるわけです。

普通に考えたら
6年生5人、5年生4人 の9人が揃ったチームとか最強です(笑)

しかし・・・うちのチームは
5年生 0人
4年生 1人(初心者なのでまだ試合に出れない)
3年生 いっぱい♪♪

というチームでして・・・

そうです。
6年生5人 3年生4人 がレギュラー。 ベスメンです。

3年生4人、スーパー3年生です。
絶対に、こんなに出来る3年生は他のチームにはいないと
自信を持って言える。

プレーはもちろん、メンタルも3年生とは思えないくらい素晴らしい。

今の6年(hayato達)が3年生の頃なんて
高学年のお兄ちゃんがいっぱいいて、お兄ちゃん達は強くて、憧れる存在で、
3年生なんて試合どころか、応援もまともにできない。
ふざけて遊んで怒られる。 そんなレベルだったような・・・

今の3年の子達が6年生になったら最強だろうと思う。
3年後が楽しみだな♪

しかし、3年生という学年は まだまだ発展途上で
中学生並みを通り越して、高校球児のような小学生もいるチームなんかと比べたら
ホント、大人 対 子供 のような・・・
どうしても背が小さい分、歩幅も小さく
3年生の中では足の早い子も
セーフになるようなヒットもアウトになってしまって
小学生、2学年の違いは大きいな~と感じる。

それでも、
すごいピッチャーの球もバットに当てるし、守るし。
彼らは素晴らしい選手達だと思う。


hayato達6年の5人も
他のチームに比べたら、華奢で、背も小さく迫力はあまりない。

どのチームでも2人くらいはいる
   君、小学生じゃないだろぉ~何食べたらそんなになるんだよぉ~~
   この子、バットに当たるだけで絶対ホームランになるだろぉ~~
みたいな、いるだけで迫力があってビビるような体格の子は、我がチームには1人もいない。

いたって、普通の小学6年生5人です(笑)
その中でも、うちのhayatoは一番小さい(笑)

そんな、普通の6年5人と、3年4人
まぁ、やるときゃやります。

決勝リーグには絶対に進める自信はありました。
(自信もたなきゃやってられないのよ~勝つ気でいなきゃ負けちゃう)

先週の1試合目を勝ち、
7/10は、雨で延期になった2試合目からのスタートです。

相手チームは 強いチームです。
今年度の今までの試合成績では、うちのほうが余裕で格下。
大きな大会で優勝したチーム。

そのチームに6対1くらい?(すみません、あんまし覚えてない・・)で勝ち
2勝0敗で、決勝リーグへ進みました。
対戦した相手チームも決勝リーグへ進みました。(シードのチームです)

決勝はトーナメントです。 リーグから勝ち上がった8チーム。
トーナメントなので負けたら終わり。
決勝トーナメントの抽選がはじまり、ドキドキです。

今年度の過去の試合結果などから強い4チームがシードにいるので

過去の試合で成績を残せていない我がチームは
どれを引いても、シードの強いチームと対戦するわけです。。。
シードに勝たないと、中央大会出場は成し得ません。

で、決まったのが、3週間前のリーグ大会で優勝したチームです。

おそろしい。

ま、どのチームもそれなりに おそろしいんだけど・・・

試合が始まりました。

相手は高校球児並みの体格。
ピッチャーはすごくて、過去骨折者数人出してる・・・
今年の岡1(岡山で一番強い)ピッチャーと言われています。
こえぇ~~がな。。。

それでも子供達はビビるようなことはなく、全力で試合に挑む。

こんなチームと互角の試合をしてるうちのチームすごい。
3年生すごい。 なんか応援してても涙が出てくる。

すごい緊迫した試合が進み
他のチームのお父さん達がいっぱい集まってくる

『めちゃええ試合しとるなぁ~』 と聞こえてくる。

まず、打たせない。
打たれても全力で守る。
ピンチの時にはファインプレーで切り抜ける。

どんな打球にも飛びついてくらいついてアウトをとるhayatoをカッコイイと思った。
もう、親バカでも何でもいい。 hayatoの『っしゃー!』のガッツポーズがカッコイイ。

チームのみんなから絶対に勝つ気持ちが伝わってくる。

もちろん、相手チームも絶対にうちに勝って中央大会に出場するつもりなので
お互いに、なにがなんでも点は譲らない。

0対0のまま延長戦に
2塁スタートのタイブレークです。

点が入りやすい。
すごい緊張します。

うちは後攻でした。

延長1回で先攻の相手チームに1点入れられました。
後攻で1点入れ返します。

もう、タイブレークになる前くらいから
他の試合(決勝リーグの)が終わりギャラリーも増え、

うわぁ~ここの試合すげーなぁー と、何度も聞こえてきます。 みんな見ています。

そんな中、延長2回、またしても相手に1点取られます。
絶対に負けられない。絶対に負けれないんだ。

もう、祈る想いです。
こわくて見ていられないくらいドキドキしてヤバかった。

普段、図太そうなコーチ達も、もうヤバイな(←気持ちが)見とれんな。
と、じっとしていられないのかウロウロしてるし。。。
私は涙がこぼれて試合がよく見えないし。。。

そんな中でも子供達は強い気持ちで試合に挑みます。

いったい、いつからそんなに気持ちが強くなったの?
こんなにピンチなのに、どうしてそんなに強い気持ちでいられるの?

親のほうが不安で気持ちが折れそうになる。

もう、正直この辺の試合の流れは覚えていないんです。
なんか、追加点が入りそうなピンチをチーム一丸となって守って
なんとか1点に抑えたような気がします。

で、後攻、ここで点を入れられなければ負けてしまいます。
しかし、彼らはすごい。 1点入れました。1点たしかに入りました。 ホントにすごい。

延長戦は2回までだそうで2対2で引き分け。

引き分けでは、トーナメントが進まないのでくじ引きです。

じゃんけんもナイけど、くじ引きもナイよなぁ~~
試合で決着できたらいいけど、時間の関係もあるし、仕方ない。

9人の選手が先攻→後攻の順にお互い引いていく
子供達には○が見えないように大人が隠す。(○があった、なかったで子供達が傷つかないように)

結果、6対3で
うちのチームの引いた棒に○が6つあり勝ちました。

相手チームの子供が泣き崩れます。
小さな小さな幼児が泣くように声をあげて泣いています。
見ていられない。

うちのチームが勝った喜びよりも
相手のチームの子供達の気持ちがわかるだけに涙が止まらない。

絶対に行きたいんです。
中央大会は、子供達の夢の舞台なんです。

予選大会で終わりたくない。

どのチームも同じ思いでココにいる。
この 『勝ち』 に、どれだけの気持ちが、責任があるのか
相手チームの悔しい気持ちが痛いほど伝わってくる。
気合いを入れないといけないなと思いました。

すごい試合を繰り広げたワケですが・・・
この試合に勝ったからといって、中央大会出場が決まったわけではありません。

まだあるぜ。
中央大会出場、そんな甘くはないぜ。

次の試合に勝ったら、その次は決勝戦なので、もう出場決定です。
決勝戦では勝っても負けても出場できるので(笑)

負けたら3位決定戦なので超イヤだ。
だって、上位3チーム出場できるわけだから負けたら出れないじゃない。

勝たなきゃ。
しかし、相手チームは今年度優勝常連チーム。
どんだけ優勝してるんだ! ってくらい優勝してる。

いい試合してたけど、負けました。

さぁ、どうしましょ。
勝たなきゃ。4位じゃ出場できませんよ。


3位決定戦、はじまりました。
どうしちゃったの?子供達の調子が出ませんよ。
相手に点がどんどん入りますよ。
相手は中央大会が見えてきましたよ。盛り上がっています。

うちは中央大会が薄れてきましたよ。

子供達の気持ちはどうだったのかわかりませんが、
4対0になったとき、親たちはムリかもと思いました。

4対0のまま最終回です。うちは後攻です。

悔いのないように全力でプレーしろ
この試合に悔いを残すな

監督が子供達に声をかけ、最終回の後攻がはじまりました。

やはり、彼らはやるときゃやります。
持っている子達です。

プレッシャーを跳ね飛ばし、絶対にココで終わるものかと強い気持ちで攻め
サヨナラとはいきませんでしたが4点入れました。

正直、ここらへんも覚えてない。。。
ただただ、ひたすら応援していた気がします。

最終回で同点。
奇跡かと思いました。

そして、また延長戦のタイブレークです。
延長1回 0点に抑えました。

後攻の我がチーム。
打ちました。 サヨナラです。

すげーーーーーーー
この子達、ホントすごい。

もう、子供達、父達、母達、抱きついて喜び
母達号泣。。

子供達は最高の笑顔♪♪

楽な試合はひとつもなかった。
さすが 中央大会

楽に出場はさせてくれないね。

これから、中央大会以外にもhayato達6年生が引退するまでに
大きな公式戦の大会はたくさんあります。

でも、でも、大きな大会はたくさんあるけど
どうしても 中央大会は彼らの夢の舞台なんだ。

ここへ出場するために、この舞台で優勝するために
ずっと頑張ってきたんだ。

本当におめでとう。
中央大会出場おめでとう。

閉会式にて出場の権利をいただき
山陽新聞に掲載される集合写真を撮ってもらい。

夜はもちろん祝賀会♪
焼肉 焼肉 父達は浴びるように酒をのみ(笑)
子供達は通報されるんじゃね?ってほど暴れまくり(笑)


みんな早朝4起きで、緊迫した試合を繰り広げ
真夏の炎天下での試合&応援

絶対にバテてるはず。 疲れているはず。。。なのに
みんな元気いっぱいです。

こんな最高の1日をプレゼントしてくれた子供達に感謝してもしきれません。
ありがとう。

そして、心から おめでとう。

この子達の夏は まだまだこれからです。
チーム一丸となって頑張ります。

ブログを読んで、応援してくださった皆さま。
ありがとうございます。

hayatoを見たこともない方々まで
頑張って! と応援して下さり すごくすごく励まされました。

応援はすごい力になります。

私も、応援することしかできないけど
プレーする彼らを精一杯応援し続けます。

試合翌日の朝、hayatoが

『あんなに全力で全試合したのは はじめてじゃからバテた』
『今日は学校から帰ったら遊ぶ約束をせずに家でゆっくり休む』

と言って、学校へ行きました。
(試合で声がかれて出ないので かすれた声で苦しそうに言ってました。)

試合を頑張ったので、1日だけ夕方練習がお休みだったんです。
遊ぶ約束もせずに休むのか。 さずがに疲れたのか。 うん。うん。いい子だな~♪

仕事が終わり、スーパーで買い物をして家へ帰ると
hayatoの自転車はありませんでした(笑)


遊び行っとるやないか!! まっ、元気ならええけども(笑)



さて、今日から本戦へ向けて夕方練習再開しました。


本戦までの間に2つの公式戦があります。

来週は、うちの地区主催の大きな大会があります。
先日、抽選会のお手伝いで私も抽選会場へ行ってきました。

28チーム集合しての抽選会。
この大会も決勝トーナメントへ進めるのは8チーム。

まず、4会場にわかれてのリーグ戦
決勝リーグは2会場
そして、決勝戦は 我がチームのグラウンドです。

決勝リーグに進みたいですね。
もちろん、目指すは優勝ですが。。


再来週は、今回の予選と同じ球場で大会があります。


そして、この次の週がいよいよ 中央大会 なのです。

中央大会まで、公式戦の試合が続きます。
どの試合も、体調を整え ベストな状態で試合できますように。


hayatoも卒団まであと数カ月・・・

6年間 頑張ってきた成果を充分に発揮し
チーム一丸となって全力で
小学校時代最後の夏を駆け抜けたいと思います。


ガンバレ!!!




by purprea | 2011-07-13 23:00 | 日々のこと
<< hand made 入荷しました♪ ありがとう。 >>